ご報告二つ「文化船ひまわり」とお猿さん

一つは、私も保存活動に参加している「文化船ひまわり」の取り壊しがなくなったことです。
今、ふね遺産への登録も申請中です。とっても嬉しかったです。何はともあれ、大転換の吉報です。

文化船ひまわりB.Bプロジェクトが2019年の11月に制作したリーフレットです。

そして、千光寺の猿山の最後のお猿さんがなくなりました。

2019年の写真です。

2018年、満開の桜の頃です。この塔がお猿さんのお家でした。
お猿さん〜今年も桜は満開ですよ。空の上の本当のお山で、仲間たちと楽しく暮らしてくださいね。今までありがとう。

さえずりVol.21

福山市立動物園の友の会の冊子が届きました。今年度最後かな。。。
また一年近く行っていないです。

表紙の写真はヤギのプラちゃんとリングちゃん、なんか可愛い〜
高山に住む、「ピグミーゴート」という種類だそうです。
笑ってる感じと、カメラ目線な人懐っこさがいいですね。

昨年の秋に群馬のサファリパークから来たそうです。

カラスがどんなに賢いか〜がわかります。
ハシブトカラス。。(「こごろうくんと消えた時間」で絵を描きました!)

冊子の最後のページのこの漫画、とっても面白いです。飼育員さんしかわからないことが書かれています。
全ページはご紹介していませんが、とっても楽しい冊子です!

春になったら、また行きたくなりました!

(結構一人で動物園に行くのです)

最近ゲットした可愛いもの!

最近ゲットしました! 可愛いです。

刺繍の名刺入れ作ってもらいました。
私のドラゴンちゃんです。
来年のカレンダーの7・8月用の絵から。
「クアトラな秋」(いつもは「クアトラな夏」です)に参加してもらっている平松敦子さんに。

これが、来年のカレンダーの7・8月用の絵です。

こちらは、牛のお人形。小さいんです。
先日のトークイベントのチラシを置いてもらった「ちょことこ」さんで、見つけました〜

そう、来年は丑年ですね。
どんな年になるのかな。

   良い年になりますように。

羊さん〜クマさん

相変わらず、猛暑が続きます。
気がつくと8月も23日になりました。

   あっ、こんな感じ前にもありますな〜

歳をとって、体力が落ちて(猛暑のせい!)、活動の範囲が減ってくると、ますます時間の流れが早くなる。
弁解のような。。

羊さんちょっと涼しげ。彼らも暑いと思いますが、文句は言いません。
クマさんは私の落書き! ちょっと昭和です。

私のパソコンのデスクトップ(画面)を探すと、花や動物の写真がいろいろ転がっています。

そういう意味では良い時代になりました。
探し物や調べ物が、楽になりました。

今日の話題は、よくわからん感じです。

まだまだ続く猛暑、お気をつけて。

動物園のことなど

今月、またまたブログのない月ですな〜。

展示やコンサート、応援していただいたたくさんの方々、ありがとうございました。

春に動物園へ行って、「福山市立動物園の友の会」に入りましたので、気がつけば季刊誌「さえずり」の夏号が届いていました。
セミも鳴いているのに、あらためて 「もう、夏なんだ〜」 と思います。
数ヶ月どこか消えた感じが残っています。
4月でしょうか、、、5月も少し。記憶にない感じです。
コロナで色々変わりました。早くワクチンと治療薬が開発されてくれるといいですね。

動物園は、変わりません。いつかテレビで天王寺動物園の番組もやってました。
動物園の動物たちは動物園で生きているのです。そのことは変わらない事実なんですね。

こんな記事を読むと、ちょっと和みますね。
ふくちゃんというのは、日本でただ一匹のボルネオ象の「ふくちゃん」です。
結核の治療中ですが、治療はかなりうまくいっているそうです。世界的にも例のないことだそうで、すごいです。
獣医さんと飼育員さんの毎日の努力のおかげですね。
このワガママは、、ま幸せな悩みということです。

今度行ったら、アムールトラの「アズミちゃん」やアミメキリンの「はっさくくん」に会えるかな!

さえずりVol.21

今日は福山市立動物園から嬉しい郵送物がありました!

とっても楽しい季刊誌です。定価は普通に買うと、350円です(なので、記事はピックアップしました)。
私は先月行った時に、久しぶりに「動物園友の会」の会員になりました。
会費は¥1,500です。

年間パスポート(何回入っても無料です)がもらえ、「さえずり」が季節ごとに1回づつ郵送されます。
いつも切らしてしまい、入会は3度目です。あっ、一年で切れるのです(笑)
例会の参加(年2回)もできるそうです。
今度例会があったら行ってみたいと思ったりしましたが、もちろんコロナで中止だそうです。

表紙のカラカルさん、トルコの言葉で「黒い毛」だったのですね。
耳の上の毛ですね。
男の子のカールくんは少しきつい目で男の子らしい。
女の子のカーラさんはくるくる目で可愛いです。

そういえば、3月に行ったときのカラカルさんです。

寒かったのかな〜
そして、この子は女の子のカーラさんですね(多分です)。カーラさんはお耳の付け根がウェーヴしています。
それと目の上の濃い模様が、上の方に広がっています。

な〜んて楽しんでいる間に、5月が迫ってきました。
今月も少ないアップですみません〜

2020年4月テレビ漬けだけれど。。

毎日結構テレビを見ています。
   もう4月なんですね(すでに12日でした)〜〜早いです。
コロナ一色の4月になっていきます。
卒業式からだったけれど、入学式もできないところも多いんだね。

そういえば、次女の大学の卒業式もできなかったな〜〜。
あの時は3.11の年で、あの年も大変な年でした。
広範囲の災害だから、、と思っていたけれど、今回はもっとすごいことに、世界中になってしまいましたね。

私はといえば、ここ数日、数時間お仕事をして最低限のノルマをこなしています。
(頼まれたイラストを描いています)
買い物などなければ本をめくったり、動画(ほとんど動物のです)を見たり、スケッチしたり、、でテレビを見てみる。
家にいるというのは私たちまだ健康な老人(へへ。。)には、のどかなものです。
   ほんとは先日まで、病院のお世話になっていましたが。。。(皮膚科と泌尿科)
現役の働く人たちは、焦ると思います。子供も大変だし、やるせないですね。

3.11の時もテレビを見すぎてどんよりとしたけれど、今回もそういう悪影響もあるけれど、情報を知りたいところもあります。
それでテレビっ子になっていましたが、時に良いこともありました。

   テレビを見ていて、最近知ったすごい日本人

アーチスト(ギタリスト):MIYAVI さん。
   今はアメリカ在住で演奏しながら世界中を駆け巡っています。
   ギター一本で、難民の親善大使もやっているのです。
人形作家:沢 則之 さん。
   チェコを拠点にして活躍。手作りの人形、パペット、自分も混じって演じる。
   とにかくダイナミックで奇想天外。
   来年のオリンピック・パラリンピックでもお人形を演出するそうです。
演劇作家?演出家:宮城 聰(さとし) さん。
   静岡の大劇場を拠点に世界に発信する演劇の演出家。

こんなコロナの時期だけれど、我を忘れてテレビに見入りました。素晴らしい人たち。
   こんな時期だけれど、たっぷりある家での時間を有効に使わなくてはいけないですね。

   テレビ。。見る時間減らします!!!

お仕事で描いた動物園のゲートのイラスト!
医療関係の方々初めすべての人々に虹のゲートで応援です(イギリスやニューヨークの子供たちに習いました)
   コロナの収束を今日も願ってます。動物達も応援しています。

今月の動物たちと志村けんさんのご冥福

3月はたくさんの動物を見ることができました。

そして、コメディアンの『志村けん』さんがコロナウィルス肺炎で29日に亡くなりました。
「天才!志村どうぶつ園」は大好きな番組でした。
チンパンジーやワンちゃんや人間もしかりで、彼は種を超えた愛情で魅了していました。
動物たちと接している彼を見ているのは、楽しくまた幸せでした。

お笑いとしてだけでなく、たくさんの動物や人間も彼を敬愛していたと思います。
たくさんの動物も助けてもらいました。

心からご冥福をお祈り致します。本当に残念です。

楽しい大阪の旅−2

大阪の旅の続きは、天王寺動物園のコアラから。

二年前に撮った写真です。アークくん。

立派なコアラ館はすでに住人がいないのです。
   アークくんはイギリスに旅立って行きました。
食事にかかるお金の予算が取れなくなった、、、とニュースで聞きました。

こ〜んなに歓迎して、準備していたのに。
   そしてオーストラリアでは森林火災でたくさんのコアラが亡くなったそうです。
アークくんが、イギリスでみんなに愛されて、長生きしてほしいと思います。

次は元気なジャガーのロンくん!

この日は、暖かくてみ〜んな日向ぼっこしながら寝ていました。

虹の橋を渡ったピューマのピコさん。

とってもかっこいいチュウゴクオオカミですが、みなさん(多分4匹)お昼寝中でした。

アムールトラのセンイチくん(星野仙一?)。昨年仲間の虎二郎くんが亡くなったらしいです。さみしいね。

こちらも人気のアフリカサバンナコーナーの雄ライオンくん。
   〜皆さん、よく寝ておりました〜
お腹を出して寝ている奥様が二人、後ろにおります(笑)

   いつも思います、天王寺動物園の絶景スポット!

ライオンたちの向こうには、草食動物の放し飼い、そしてそびえ立つアベノハルカス。

都会の真ん中に位置する広大な動物園。
   『天王寺動物園』

ここにもたくさんの動物たちのために奮闘する飼育員さんたちの存在があります。
妊娠、出産、育児、そしてペアー、最大の難関(ではないかと)、老化と病気。
   に加えて、予算不足〜〜(はあ〜)

でも私は、たくさんの動物に会える動物園が大好きです。

「1分でも動物たちの命を永らえるためにご協力ください」
   そんな園内放送が耳に残りました。

   天王寺動物園の思い出はここで終わります。

楽しい大阪の旅-1

13日月曜日から一泊で大阪に行ってきました。
14日から始まるグループ展のためです。
   昨年はお休みしたので、ちょっと楽しみ。。。
そして、忘れていましたが新大阪行きの新尾道8:58分のこだまに乗ると。。。

キティ新幹線〜テンション上がります!(以前はエヴァンゲリオン新幹線でした)

展覧会の時以外は、大阪は私にとってかなり観光なのです!
グループ展は「天王寺の人々7」茶臼山画廊で開催します。

そして毎回絶対行くところは画廊の近くの「天王寺動物園」です。
どんなに寒くても、忙しくても行ってきます。
13日の飾り付けは1時からでしたが、その前に動物園に行ってきました。
(前日気がついたのですが、13日が祭日なので14日が園のお休みになっていたのです)

今回多分、4回目の天王寺動物園(グループ展もです・笑)
園内の地理もだいたいわかっていますが、さて、、、どのように楽しみますか〜。
   動物園や飼育員さんたちのメッセージをちゃんと読んでみようと思いました。
      そして新たに何を発見するのか、、

早速発見! 今まで気がつかなかった〜 なかなかのインパクト。
   『コクチョウ』
真っ黒な姿に赤いお顔。羽がカールしていて華麗!とても美しいその姿。。に似合わずお客様が手を出しいていたりすると噛むらしいです。
注意の看板がありました(写真撮り忘れましたが)
   まあ、気が立つこともありますよね、というか性格ですかね??

尾道では珍しくない「アオサギ」ですが、、、
   彼がみているのは「アシカ」のプール。
とても自由なアオサギさんは、自由に大阪の海や街を飛び回り、餌はアシカさんのおこぼれかな!?
   大きな鳥のオリに入れられているアオサギもいるのですが、なんという幸運!なんという幸せ!
      アシカさんとも多分友達〜ライバル?

今回イマイチ元気のなかったゴーゴくん。少しお年を召しましたかね? でもとても人気者です。

今回初めて意識したコンクリートのチンパンジー。リタとロイド。
とても賢いリタは人気者になりましたが、戦争が起こると戦意高揚に使われ、栄養不足で赤ちゃんを死産し、翌日亡くなったそうです。戦争の負担と妊娠の体の消耗、心からの落胆。
   涙を誘われました。
そしてそれを悼んで像を立てたのですが、当初ブロンズの計画も資金不足でコンクリートのままだそうです。大阪に資金不足、、、不思議な感じがしますがあるのですね。
そして、向かって右側がリタ??ってそれも不思議。です。

こちらは、望遠で撮りました。ちょっと元気が出ます。
「レッサーパンダ」です。何匹かいるのですが、みんななかなか出てきてくれません。

今回色々考えさせられました。
でも基本動物園は楽しいのです。なぜなら動物に会えるからです。

動物園のお話はまだまだ続きます。今日はこの辺で、、
   つづく。。。