リーデンローズのコンサート

今日は久しぶりに福山のリーデンローズへ行ってきました。
日本の美しい詩と伴奏と歌に3時間ほど、堪能させてもらいました。

今年の3月1日に公演する予定だった、日本歌曲のコンサートです。
15周年の記念コンサートだったのです。

当時、コロナがまだまだ全く解明できなくて、福山・尾道辺りでは本当に怖いのかどうかもわからない感じだった時、
約半年後の9月21日に延期をされたコンサートです。
小ホールから大ホールを予約変更されたのは、とても読みが当たっていると思いました。
座席をかなり開けることが出来たのです。
座席の一つ飛ばしに、歌曲の詩人たちのイラストが既に座っていて(背もたれに掛けてある)、そこを空けて座りました。
当時は、コロナの世の中がこんな風になっているとは思いませんでしたが、検温してマスクをかけて、三密を避ける。
リーデンローズのホールは、10分ごとに換気ができるようになっているらしいです。

写真は開演の30分くらい前、プログラムを前にして撮りました。
尾道の町もそうですが、福山の町も案外混んでいました。
GO TOキャンペーンのおかげもあると思います。

このコンサートのポスターやチラシ、チケット、プログラムなど一式制作しました。
今日やっと本番を迎えて、全てが終わりました〜私もほっとしました。

   開催、本当におめでとうございます。

コンサート延期の決断の時、「断腸の思いです。」 と言われていたふくやま日本歌曲塾の主宰者の平本弘子先生。
終わりのご挨拶の時(開催できて)感無量で涙していらっしゃいました。

尼彦とアマビエ

尾道新聞さんに シリーズ「日本の妖怪たち」と題して、イラストと短い解説を載せてもらっています。
7月から始まって、先日40回になりました(紙面構成によって載らない日もあります)。
以前も一度?二度?三度?ブログにアップしましたが、もう20数年前に、頼まれて妖怪を描きました。
残念ながら、日の目を見ることもなく、静かに眠っていました(パソコンの中で)。
コロナというわけでもないのですが、縁あって飛び出してきました。

ちょうど50回くらいになるので、後2週間(多分)で終わります。
最後は、「尼彦(あまびこ)」そしてやっぱり「アマビエ」でしょ〜!

というわけで、尼彦とアマビエを描きたしております。(以前は、描いていませんでした)

尼彦 の下絵です。

アマビエの下絵です。

髪は巻貝のカーラーを巻いてウェーブさせて、海藻で髪の毛も染めて来ました。
おしゃれしてきましたよ!
お楽しみに!
出来上がったら解説とともに、またアップします。

クアトラな秋のDM

クアトラな秋の準備も進んでいます。

DMはこれで出来上がりです。

ワークショップは、また詳細のチラシを作ろうと思っています。
土曜日は、大人向けに「オバケのブローチ作り」をします。
日曜日は、子ども向けの楽しいワークショップをします!
こどもたちが楽しみにきてくれるといいな〜

大人も子どもも楽しめる「クアトラな秋」になるといいなぁ〜

って、頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

クアトラな秋

今日は少し告知を!

まだもう少し詰めがありますが、だいたい決まりました。
いつも夏に「クアトラな夏」をやっていましたが、コロナのために延期していました。
10月24日(土)25日(日)AM10:00~PM4:00まで。
日程、メンバーなど決まりました。
新しいメンバーも3人!復活メンバー、休憩メンバーなど今回はいろいろです。

残念ながら、カフェは断念しました。
どうしても楽しくて美味しくて、ワイワイになりますものね。
でもお持ち帰りの、美味しいお菓子はあります!

ワークショップは、土曜は大人の楽しめるおばけのブローチ!
日曜日は、子どものためのワークショップを開催!
コロナで大変な思いをした子どもたち(大人もですがね)のために楽しそうなものを。
最後ひとつ、子どものワークショップを検討中です。

どうぞよろしくお願いいたします。

夏痩せ

台風10号、五島列島や沖縄やら九州を直撃して行ってしまいました。
被害のあった地方には心からお見舞い申し上げます。
尾道あたりは大したこともなく、みんな「雨がもっと降るかと思った。。」と少しがっかりしていたり。
でも被害がないことは本当に良かったです。
台風より少し前に、下の娘夫婦は淡路島にいたりして。
なんと、玉ねぎを送ってくれました。

ピカピカのデカデカ、まるまるです。
我が家の軒下には、チビチビのヨレヨレの玉ねぎが吊るしてあります(笑)
都会の子が、田舎に玉ねぎを送ってくるとは、、、野菜に飢えているんだね。
   ありがとう〜
淡路島の名産だそうです。

玉ねぎの箱に入っているココが、夏痩せなのです。
ココは昨年から、夏の猛暑に負けそうになります。
台風が、夏を連れて行ってくれました。
朝晩少し涼しいです。
ココの食欲が戻るといいな〜

ココ:2.7kg   チャッピー:7.8kg

今年、チャッピーは猛暑の中、比較的元気でした!

カルーセルエルドラド

豊島園が、明日で終了するそうです。94年という長い歴史に幕を閉じます。
一度行ってみたかったのですが、ついにいけなかったな〜
見てみたかったのです。

   カルーセルエルドラド(豊島園のメリーゴーランド・回転木馬の名前)

(写真は豊島園の公式ホームページより)
としまえんの公式サイトによれば、カルーセルエルドラドは100年以上の歴史を持つ世界的に貴重な文化遺産として、2010年に「機械遺産」に認定された。こちらの回転木馬(カルーセル)は1907年、ドイツの機械語術者ヒューゴー・ハッセによって制作。当時は「トロットワール・ルーラン(動く歩道)」と呼ばれ、ヒューゴーとともにヨーロッパのカーニバルを巡業した。その後、ヨーロッパで戦争の機運が高まったことを受けて、11年、カルーセルはニューヨークの遊園地に迎えられる。ここで「エルドラド」(スペイン語で黄金郷)と呼ばれるようになったが、遊園地は64年に閉園。その4年後、豊島園が買い取った。
修復作業を経て、製作当時の姿に復元されたカルーセルエルドラド。71年4月から、としまえんで再び回り始めた。エルドラドは日本最古の回転木馬にして、としまえんでも50年近くの歴史を持つ。すべての彫刻が木製で、手彫りでできているのが特徴だ。(タウンネット東京都より抜粋)

(写真は豊島園の公式ホームページより)
回転木馬自体、あまり乗ったことはないのだけれど大好きなんです。イメージというか、夢があって。。
特に豊島園のはとても憧れていて好きなのです。
カピバラの作品も、このカルーセルエルドラドの資料を何度も見ながら描きました。

どこかでまた、設置されて使われて欲しい! と願わずにはいられないです。