お孫ちゃんとの暮らし

20日間ほどですが、二人のお孫ちゃん家族と初めて一緒に暮らしました。
上の子どもは、もうすぐ3歳のお誕生日を迎えます。

彼女にとって、衝撃の赤ちゃん誕生です。
と、同時に『ばあば』がやってきたのです。

まあ、ばあばは、ご飯を作って赤ちゃんの面倒を見る人なのです(笑)
ママとパパは、自分のものなのです。

いろいろご不満もありますが、少しずつ赤ちゃんと接して近づいていきます。

なんたって、こんなに大きさが違うのです。

ばあばが帰る1日前、ママとひまたんとばあばの三人で、モスバーガーに行ってきました。
私は、かれこれ9年ぶりです(なんでかな、、、??結構好きなのですが)

尾道へ帰る、最後の日の赤ちゃんです。
もう、退院して2週間たちました。
本当に、天使のようですね。

私が帰った後、ひまたんにとってのばあばの立ち位置は、急に上がりました。
ご飯を作って、赤ちゃんの面倒を見る人ではなく
「いつ帰ってくるの? ばあばがいなくて寂しい」人になったそうです。
ちょっと、泣けます。

ブログも久しぶりです。

関東へ

18日から20日まで関東へ行ってきました。
迷ったのですが、一年半ぶりの関東行きを決行。
1年ぶりに、ARTOY展が開催されたのです。もう17回目かな。。。春にはまだやるかどうか迷っていて、みんなの意見を聞いてくれました。
私は、「関東組の決断に合わせますよ!開催なら参加します。行くか行かないかはその時に決めます。」というように答えました。
関東を離れてしまった私は、展示は関東のみんなの力に頼るところが大きいし、関東の様子は関東組しかわからないと思いました。

ま、それで今回は色々方式を替えて、対策を組んでの開催となりました。
仲間はもちろんみんなマスクは外さないで、消毒もして、密にならないように気をつけています。

私もワクチンは一本は打ちましたが、心配なこともあります。なんせ旅ですから。。。
今回私が強行して行ったのは、初孫のひまたんにも会いたかったのです。こちらもかなりの比重です。
一年半ぶりに会いました。赤ちゃんから、すっかり幼児になっていました。
2歳になりました。

憧れの、保育園お迎え。私をみてビビるひまたん。このあと、雨靴を下駄箱に戻し教室に逃げ帰ろうとしました〜(笑)

すぐに慣れて、一緒におままごとをしたり、ひまたんの木琴やらピアノ(全ておもちゃ)演奏を聞いたり、本を読んだりたくさん遊びました。ばあばの登場もまんざら嫌ではなかったようです。

立派な食事を食べています。すでにハンバーグは完食です。

二日目は下の娘の家に泊めさせてもらいました。娘の家猫「モーさん」です。17歳(人間でいえば84歳です)

子供たちのみどりパオ!美しい〜

これは、銀座のメルサのショーウィンドウです。今回可愛かったです。
全てタオルの生地です。パイルっていうのかな。。。思わず写メしてしまいました。
次は展示の様子をアップします。楽しい展示です。

メリークリスマス!

メリークリスマス!

終わりましたね。。。

一歳のお孫ちゃんもついにお絵かきを始めるという。
ダンナの持っていたクレヨン、いただいた袋、絵本、大きな洋梨、大根とゆず なんて変な取り合わせのプレゼント?を贈りました。
周防大島のミカンも届いたらしいです。
こちらはダンナさんの親戚にあたるミカン農家から。

さて、ヒマたんは何を喜んだかなぁ〜〜

2020年4月テレビ漬けだけれど。。

毎日結構テレビを見ています。
   もう4月なんですね(すでに12日でした)〜〜早いです。
コロナ一色の4月になっていきます。
卒業式からだったけれど、入学式もできないところも多いんだね。

そういえば、次女の大学の卒業式もできなかったな〜〜。
あの時は3.11の年で、あの年も大変な年でした。
広範囲の災害だから、、と思っていたけれど、今回はもっとすごいことに、世界中になってしまいましたね。

私はといえば、ここ数日、数時間お仕事をして最低限のノルマをこなしています。
(頼まれたイラストを描いています)
買い物などなければ本をめくったり、動画(ほとんど動物のです)を見たり、スケッチしたり、、でテレビを見てみる。
家にいるというのは私たちまだ健康な老人(へへ。。)には、のどかなものです。
   ほんとは先日まで、病院のお世話になっていましたが。。。(皮膚科と泌尿科)
現役の働く人たちは、焦ると思います。子供も大変だし、やるせないですね。

3.11の時もテレビを見すぎてどんよりとしたけれど、今回もそういう悪影響もあるけれど、情報を知りたいところもあります。
それでテレビっ子になっていましたが、時に良いこともありました。

   テレビを見ていて、最近知ったすごい日本人

アーチスト(ギタリスト):MIYAVI さん。
   今はアメリカ在住で演奏しながら世界中を駆け巡っています。
   ギター一本で、難民の親善大使もやっているのです。
人形作家:沢 則之 さん。
   チェコを拠点にして活躍。手作りの人形、パペット、自分も混じって演じる。
   とにかくダイナミックで奇想天外。
   来年のオリンピック・パラリンピックでもお人形を演出するそうです。
演劇作家?演出家:宮城 聰(さとし) さん。
   静岡の大劇場を拠点に世界に発信する演劇の演出家。

こんなコロナの時期だけれど、我を忘れてテレビに見入りました。素晴らしい人たち。
   こんな時期だけれど、たっぷりある家での時間を有効に使わなくてはいけないですね。

   テレビ。。見る時間減らします!!!

お仕事で描いた動物園のゲートのイラスト!
医療関係の方々初めすべての人々に虹のゲートで応援です(イギリスやニューヨークの子供たちに習いました)
   コロナの収束を今日も願ってます。動物達も応援しています。

初めての皮膚科

尾道に来てから初めて皮膚科に行くことになりました。

そもそも自分は皮膚科にはあまり縁がなく、アトピーの旦那さんと長女が足繁く通った科です。
私はというと、40代の時に一度「単純性ヘルペス」にかかって大変な思いをした時に通っただけかもしれません。

もともと紫外線に弱いタイプだと思うのですが、昨年夏に気になるイボのようなものが4ヶ所にできました。

   (紫外線も強かったですよね。。。)

一つは消えて、一つは黒子(ホクロ)になって、一つは皮だけ伸びたイボになり、最後の一つは案外大きな背中の出来物になりました。

   ア〜〜加齢です

その大きな出来物をずっと知らん顔をしていたのですが、旦那(皮膚の薬をた〜くさん持っている)の薬を2ヶ月くらい前から塗りました続けました。そうそう、お風呂上がりに〜!なんとなく効くような気がして、、、

二週間くらい前から、何やら痛みがあって出来物が『怒り出した』。
   膿んで来たのです。。。
病院へ行った方が良いな、、、と思っていたのですが、旦那さんも不調になりそちらが優先順位になってしまいました。
そして昨日ついに、膿が爆発! 怒りの頂点へ、、、

痛い上にばい菌が入りそうで、、、朝一は旦那さん、次に私は皮膚科へ行って来ました。
旦那さんオススメの病院です(笑)

お子様から若者からお年寄りまで随分混んでいます。
呼び出した5名ぐらいから診療室の近くに待機させて、パッパと手早い診察です。
私はあっという間に切開、膿み出し、消毒、、、その上、皮だけのイボ(これは鼻の下)も液体窒素で治療(後数回必要だそうです)。

なかなか手際も良く、腕の良い外科の先生みたいです。
看護婦さんもとっても親切「これは痛かったでしょ〜」と声をかけらせ思わず泣きそうになりました。
そうそう、痛かったのです。そして皮膚科の切開がちょっと怖かったのです。

先生には「もう少し早く来てくださいね」なんて言われてしまいました。

ところで、私が看護婦さんに「こんな(コロナの)時期なのに混んでますね」というと
「季節の変わり目は混んでいるんですよ」とさらりと言われました。

なんだか、立派だな〜〜と感心しました。
コロナも怖いですが今、診なくてはいけない患者さんをしっかり診たい、、、という心構えが伝わってきました。

背中の出来物はまだまだ無残なものですが、痛みも腫れもなく、、ちょっと嬉しい夜です。
(写真はキモいのでありません・笑)
それから実は、思ったより切開は痛くなかったのです。(膿んだのが痛すぎたのかな??)

急に広がりを見せ始めたコロナウィールス。
皆様、コロナにはどうかくれぐれも気をつけてください。

ひまたん〜元気でね

孫のひまちゃんも無事に神奈川へ送って来ました!

こ〜んなに楽しく遊ばせてもらいました。

これは、神奈川へ帰る日! 初めてクアトラで眠っております。 イエ、うす目を開けております。
なかなかの男前〜〜な可愛らしさ(笑)

神奈川で下の娘の家のニャンコです。
「もうさん」とっても美人なぶち子さん。

神奈川から帰って来たら、チャッピーがひまたんベッドをお借りして、熟睡していました。
(まあ、借り物ですから〜〜)

クアトラのココ! 怒っているわけではありません〜

不思議な楽しく幸せな、そして忙しかった子供の里帰り出産期間!
忙しかったのは、真面目にした家事〜〜〜のせいでしょう〜〜

そして、7月に入りました。
尾道へ帰ってくると、なぜか、、忙殺、、

とりあえず、クアトラな夏 どうぞよろしくお願いいたします。

猫とひまりちゃん

5月22日生まれの陽葵(ひまり)ちゃん、ついに明日で、この世に生まれて一ヶ月になります。
新生児も終わりとなるそうです。一ヶ月ということですね!

小坊主さんのようになっている、ひまりちゃん! 少しづつベットから外へ連れ出してもらっています。
(6月11日火曜日)

男の子のチャッピーは、赤ちゃんがわからないので、家から逃げ出して長く外にいるので、時々あちこちで疲れて寝ています。

外で寝ているチャッピーです。暑がりなんですよ。

ひまりちゃんは、だんだん表情も豊かになり、
「ホ〜ッ、ホッ〜」っていう顔をします。6月16日(日曜日)

そしてついに、、、

ココが、赤ちゃんを見た日 です。

「こ、こいつか。。。いつも大声で泣いてるやつは〜。。」と言ったかどうかは分かりませんが。

母性本能も多分強いココは、お節介なので、赤ちゃんが泣くと 気になるようです。
漫画の世界なら、エプロンをしてきっとお世話をしに行くと思いますよ。

猫は赤ちゃんに悪いことは何もしません〜。

私の子供たちは、小さい頃猫に遊んでもらったり、一緒におままごとしたりしていました。
動物は、家族を理解するのです。

そして、ひまりちゃんはいよいよ、目を開けて(まだ見えませんが)世界を見ようとしています。
頑張ってね、ひまりちゃん!
(6月21日金曜日)

世界はほしいモノにあふれてる

6日、昨日NHKの番組「世界はほしいモノにあふれてる」はギリシャ編で「サントリーニ島」などが特集されていました。
連休中とってもタイムリーに、次女夫婦が新婚旅行に行って来ました。

なんという、、、そして当然ながら、素敵な写真がいっぱい送られて来ました。
今日は、写真を見て、癒されてください〜(次女殿、お許しを!)

これは、ギリシャの遺跡!大きさと美しさに圧倒。

ちょっと想像できない場所〜。歴史と地形が作った美しさ。

また、もう一度行ってみたい ヨーロッパです。

その後のひまりちゃん

初孫のひまりちゃん!
まずまず、すくすく育っております。

今まで、こ〜んなものに目もくれなかったのに、なんだか可愛い〜〜アヒルさんの水温計です。
   もはや、設定した温度を超えると警告ブザーがなるのです(スゴッ)

たくさんミルクを飲んで、なんとま〜〜幸せそうなお顔! 

マリンルックな服とか着せてもらっています。
   女の子〜なんですよ・笑

   ばば馬鹿はこの辺で、、、そして、家事と育児の補助に明け暮れております〜〜

ひまり 2019.5.22生まれ 17日目 少しづつ自分を主張しております

ひまりちゃん誕生!

5月22日午後4時すぎに無事にひまりちゃんが誕生しました。
長女の子供で、私たち夫婦には初孫になります!
少し前までこ〜んなだったのですが、、、

これは、生まれて30分くらいの時です。頭が冷えないようにお帽子をかぶせてもらっています。
体も冷えないように、上にはウォーマーが付いています。

そして今日、3日目です! お顔がだんだん落ち着いて来ました。

予定日より11日も遅れましたが、結果は安産でした。

私は、分娩室で付き添いをさせてもらいました。
出産という大変な中で、懸命に母になっていく娘を見ながら、感慨深く熱いものがこぼれて来ました。思いの外、早くつるっと出て来た感じで!?あれっと思ったくらいです。

今までの心配も全て吹っ飛んだ幸せな瞬間でした。
たくさんの方に心配していただいたので、少し遅れましたがご報告します。
ありがとうございました。