暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます

写真は先週木曜日くらいの収穫です!
トマトもキュウリもそろそろ終わりです。
夏野菜は、早いですね〜

25日くらいに梅雨明けしました〜
無事に「クアトラな夏」が終わってみると、、、暑いです。
そして相変わらす、なんやかんやでバタバタしています。

先週早々には、我が家のチャッピーが不調(40度の熱で風邪)で、慌てて病院へ連れて行きました。。。
点滴のような太い注射を2本、細い注射を2本も打ちました。
一応、熱は下がって食べられるようになりましたが、暑がりのチャッピーには苦痛の夏が続きます。

月曜日、細い道を買い物キャリーを押している人を避けて通ったとき、思わず柿の葉に触れた。。。

   「あれ?なんか着いた??。。あっ痛いっ」

と、みると変な黄緑色の虫がいっぱい〜腕についていた。

   「ぎゃ〜〜」 刺された(噛まれた)

あとで調べてみると、、、イガラという蛾の幼虫らしい〜小さくて、へぼそうなのに、なんか痛痒い。
画像は乗っけるのやめました〜気持ち悪いのです。10ヶ所くらい刺されました〜〜

   柿の葉にはご注意を〜今がイガラの幼虫の盛りです。5mmくらいの黄緑色のへぼい感じです。

そして無事に、お寺さんのお盆のお参りも終わりました〜(数日後、もう一軒地元のお寺さんが見えますが、、)
いつもなら、お寺さんのお座布団にチャッピーが寝ていて、可愛いのに。。。今年はもう飽きたのかな〜?

二年前の写真です。

おのみち住吉花火まつり

毎年7月最終の土曜日は「おのみち住吉花火まつり」
夜7時半になると、夜空から「ボン〜ボ〜ン」と響いてくる。

   始まりました〜

今年は、家にいたのです。

生放送のケーブルテレビの番組です。

テレビで、様子が手に取るようです。とはいえ、お手軽ですね。

いまいち、写真もうまく撮れません。

仕事場の窓から、見えました〜生花火です(笑)

これは昨年の花火です。見に行ったのに、大した写真は撮れません。
花火って、撮るのが難しいのですよ。タイミングと光の量ですかね〜〜

テレビで楽しむなら、せめて冷えたスイカが食べたい〜そんな夏になりましたね。

ワークショップと番外篇

これ一番の番外編! 東京上野の松坂屋で買ってきてくれたお土産〜「風月堂のゴーフル」
可愛いです〜パンダの柄がたっくさんあるのです。クアトラな夏〜の合間に。(こっそり〜)

さて、ワークショップの初めは「木製エッグスタンドペイント」。とっても可愛らしい特注の型だそうです。
トールペイントのイメージでした。柄は講師の柄に、卵なんか描き足して作りました〜

   そう、わたしも参加させてもらいました。かなり熱中しました。

右奥がわたしのです。仕上げの途中、用事ができましたので。。。ニスは塗ってもらいました!
使うのが勿体ないです。

続いて、「ミニバンダナに絵を描こう」

出来上がりは、かなりの格好良さ。絵ごころがあるな〜みたいな格好良さ。本格派な仕上がりに参加者は大満足です。

二日目のワークショップ!
今回の一番人気な「自分だけの猫ちゃんブローチを作ろう!」

出来上がりが楽しすぎます!

講師(手前)は、自前のミシンで縫いのお手伝い!

そして最後のワークショップは、「裂き織りの体験」
こちらは、クアトラでは二回目です。前回挑戦してとても気に入ってくれた子供さんも、また来てくれました。
一昨年のこともきちんと覚えていて、自分の好みをきちんと考え、横糸を選んでいました。

   子供ってすごいな〜

そしてたくさん、織り上げてくれました。

クアトラワークショップ、みなさん〜それぞれに集中したり、ワイワイしたり、楽しんでくださいました。

クアトラの夏に来られた方に少しでも、何か、喜んでもらったり、楽しんでもらったりできたかな〜
   そしたら、嬉しいな。。。そう思っています。

それから、応援もありがとうございました。

そうそう、お忘れ物が、、、

ピンクの傘です。お心当たりの方は、ご連絡ください。

クアトラな夏

20日と21日、クアトラな夏も賑やかに終わりました。

平松敦子さん。裂き織りとシルバーのアクセサリーを展示です。裂き織りのバッグ、この夏とっても人気でした〜前回ハンコ入れのワークショップをされて、商品もあったのですが今回はなくてがっかりした方も見えました。来年また持ってきていただきたいです。広島からの参加です。

i-glassさん。トンボ玉の技法によるガラス作家。愛らしく、可愛いものがいっぱいで、目を凝らすとクラゲやキノコの入ったガラスもあるのです。道端の小さな草を入れる小さな花瓶とか、ガラスの玉のモビールとかたくさんのものがあります。猫の手箸置きも人気。岡山からの参加です。

is-land-pearlさん。唯一東京からの参加です。これだけではないのですが、毎回どんどん無くなります、あまり目にすることのないパールや天然石を仕入れて、個性的だったり、可憐だったり、石のイメージを大切にアクセサリーを仕上げます。つけている人を引き立たせるアクセサリーです。

向島からの参加「うたのしま菓子店」さん。今回初めてラッピングされたお持ち帰り用のクッキーを焼いてきてもらいました。大人気で、初日にほぼ売り切れました。彼女のお菓子の味のセンスとバランスは絶賛です!また来年も焼いてくださるといいな〜〜

恒例のカフェです。こちらも担当は「うたのしま菓子店」さんです。「きゅんと島レモン」(レモンケーキ)も「有機ショコラバナーヌ」(バナナケーキのチョコ入り)美味しすぎます。ショコラバナーヌを何度も食べました!飲み物はわたしは「すっきり梅ソーダ」派です!疲れた時に嬉しいカフェ、本当に嬉しいです。

個性派揃いの生き物たちは、福山から参加のbaLiさんです。主にブローチですが、飾り物もあります。何らかで取り付けて持ち歩けるようになっています(バッグなどに)。今回一目惚れの一品をいただいてしまいました〜

鹿子木美さん。広島在住のイラストレーターとクラフト作家、、実力派で、手先も器用で教えるのも上手な方です。今回はコーヒーにまつわる絵をたくさんお持ちいただきました。あとは手描きのTシャツ! 今回のTシャツは特に生地も薄手で、気持ち良さそう〜で大人気でした。

Yumikaさん。向島からの参加です。パターンのお仕事をされている方なのですが袋物が大好きで、きっちりとした縫製で、使いやすい可愛いを目指し〜こちらの方も大人気です。今回、大判のコースターやテッシュケースも人気でしたね。

福山から参加のmiyokoさん。福山の自然豊かなところにお住まいで、作品にもその暮らしや気持ちが出ています。優しい色合いと絵柄が、心を和ませてくれます。「かくれんぼの里」というかなり大きなマルシェの主催者さんです。布巾が人気です。

最後は、私です。小物はいつもとあまり変わりませんが、額の絵をたくさん出しました。昨年暮れに習っていた銅版画も少し展示しました。一筆箋も人気です。柄を増やさなくては〜〜

以上、ざっとですが今回、9名の参加のご紹介をしました。
お越しいただいた皆様、企画に参加してくださった方々ありがとうございました。
広報もたくさんしていただきました。ありがとうございます。

楽しんでいただけましたでしょうか〜来年5回目となります。
そこまでは頑張るつもりです。よろしくお願いいたします。

次は、ワークショップと番外編ですかね。。。

古着deワクチン

もう何年も前からやろうと思っていた、古着の処理に海外へのポリオの手助けのシステム!
『古着deワクチン』
ついに、決行できました!

ネコポスで送られて来ます。右のクラフト紙のが、洋服などを入れる袋です。

申し込みには、3,000円かかります。キットや送料、それにポリオワクチンへの寄付を合わせて、残り少し運営用、、、でしょうか。

ともかく25キロまで送れるそうです。(袋に入れば、、、)
今、詰め込み中です。物持ち良すぎて、独身の時のまであるのです。。。
というわけで、懐かしいものも捨てています。

   忙しいのに何をしているのだか〜

3,000円が妥当と思った方は、、、募金プラス断捨離にお勧めです。
必ず誰かの役に立っています。
https://furugidevaccine.etsl.jp/about/
(ここで申し込みました)

向上寺拝観

今日は東京から来た塔の好きな友人と、瀬戸田(生口島)へ行ってきました。
目指すは、「向上寺」にある国宝の三重塔!

場所はチェックしていたので、瀬戸田に行って、お昼ご飯に穴子丼(ミニです)やタコの天ぷらを食べて、、いざ出発!
汐町商店街の途中を山手に登ります〜〜

   かなりの石段を登りました。

友人によると、一段めはかなり中国様式が入っていて(細い木の組み方など)、二段目からは日本様式だそうです。
色もそんな感じですね。

ひっそりと佇む国宝の三重塔。島で国宝をきちんと維持するのは案外大変なのかもしれない、、、と少し思いました。

お寺を下山したら、ちょうど開いていたので「瀬戸田民族資料館」へ〜
   二回目ですが、案外楽しいのです。

これ、ただの石臼。。。でもここから塩が出て来て、海の水が塩辛くなった。。。みたいな感じがします。大きさは小さめです。

「タコツボ」とすぼんだ口の方は「ハゼツボ」だそうです。

やかん という名前ですが、とっても大きくて形の良いやかん〜鉄瓶??

この資料館、海のもの、山のもの、武将のもの、貴族のもの、民家の道具など、、、とても面白いです。
今日は、ボランティアのおじさんが丁寧に説明してくれました。

すぐそこは、瀬戸田港。遠くにひょうたんのような島。
この島の半分のところに広島と愛媛の境があるそうです。昔はこの島に、羊や猿やウサギなども住んでいたそうです。

最後に、平山郁夫美術館を見て、、瀬戸田を後にしました。

   久しぶりの観光〜でした。

そういえば、、向上寺を降りるとき、野生のキジのご夫婦を見かけました。以外に小さい感じがしました。向上寺のキジのご夫婦さん元気でね。。。