夢現-ゆめうつつ

時々昼寝をしてしまいます!

疲れている時、焦っている時、忙しい時、浅い眠りで夢現(ゆめうつつ)。。。
(こんな漢字だったのですね! 先日の漢字博士みたいなモーリーさんはすごかった・笑)

チャッピー〜今年の枝具合はいかがですか?
   毎年夏になると、金木犀の枝を枕にして寝ています。
      門の上です!

話がそれましたが、久しぶりの晴れの日に昼寝をしていました。
   なんかの声がしたかな、、チャッピーが一声鳴いて窓から(ベランダへ)出て行ったのかな。。。
と思った瞬間。。

   「おかあさん!」

それは、めちゃくちゃ可愛い〜男の子の声が聞こえました。

えっ?? 窓は開いていて、寝ていたチャッピーもいなくて、多分一声鳴いて出て行ったのです。
でも、その声も確かに聞こえたような、、、あまりにも夢現で、、、わからないのですが。

妙に頭に残りました。

   確かに、聞こえました! すぐそこで、、

夢現。。このシリーズ少し続きます。

イラスト話

いきなりですが、、イラストアップです。

『夜遊びバト』という作品から。

『マリン ブルー』という作品から。
浜辺で踊っている女の子。とても気に入っています。遠くに瀬戸内海の島が見えます。

この方の童話は、瀬戸内海の海のお話が多かったです。
   ご主人の持っているお船で、家族で航海されたのでしょう。
それから絵描きさんが時々出てきます。
   こちらもご主人の趣味で、長く油絵を描かれて、スケッチもよくされたそうです。
(ご主人のカットも数点入っています。とてもいい絵です)

そんな作者の長い家族の歴史から生まれた童話もたくさんあるのでしょうね。

   無事に仕上がりましたら〜表紙なんかもアップします。

   それぞれの人生。 少しお手伝いが出来たのですね。

初めての編集

春頃から、「締め切りなしで、時間のある時に。。」ということで
   とある方の童話の作品集を頼まれています。

長く童話の会に入って書かれたそうです。
全部ではないと思いますが、22編を選んでお願いされました。
そのうちの数点は、カットが入っていましたが後は何もありません。
「カットは私が描きましょう!」ともちろん言ってしまいました。

   イラストレーターですから、、、

時々、デザインやら他のお仕事が入るので、なるべく集中的にしていました。
それでも、作業は一ヶ月くらい空くこともあります。

初めに、文章のレイアウトをしました。
そのあと、表紙に取り掛かりました。

   表紙ができれば、あとはカットを描けば良い!

とまあ、ちょっと甘く考えましたが、なかなか時間がかかりました。
イラストを描いて入れるのを好きに始めてしまいましたので
最後、またイラストの位置とかページとか、それらの移動にも時間がかかりました。

そうですよね、初めにどこにどんなイラストを入れるか考えないと
   ページも狂います、、、初めての編集〜

やっと今月初めに、カットが全部描き上がり、すべてのページを整えることができました。
   112ページくらいになりました。

   今、最後の校正をお願いしています。

でも、イラストは好きに気が向いたように描かせてもらって、とても良かったです!
   頼まれないと、生まれなかったイラストたちです。
ありがたいと思っています。いろいろ気に入ったイラストが生まれました。
(30カットぐらい書かせてもらいました)

『わて、大阪のイタチやで』という作品から

『クリスマスの贈りもの』という作品から

今、また他のお仕事が始まったので、作品集の出来上がりは10月になるかもしれません。

   イラストはまたアップします。

お仕事も人生の出会いですね。
   絵が生まれるのは、私にとっては大切な人生の出会いです。

福音丸のオルガンコンサート(早い〜!)

9月も足早に過ぎていきます。
(ブログ書けない日が続いています〜すみません)
8月に音楽のお仕事が続きました。
こちらは、珍しいオルガンコンサート!
120年前のオルガンが昨年修復され、このオルガン演奏と歌のコンサート(平山郁夫美術館にて)になります。
そのオルガンは、伝道の為、長く『福音丸』という船に乗っていました。
現在は生口島に保管されています。

生口島の海と、平山郁夫氏の群青、そして郁夫氏の作品「アンコールワットの月」をイメージしました。
できてみれば、意外に気に入っています。

そのあとは、他の仕事が続いて、楽しいブログがなかなか〜〜
   仕方がないので、お仕事をアップします。

コンサートお気に召しましたら、聴きに来てください。
   チケット絶賛発売中〜

せとうちスタイル

8月も今日で最後になります。(0時を過ぎてしまったので、もう9月ですね)
夏の好きな私にはちょっと寂しいですね。

最後は雑誌のご紹介!
「せとうちスタイル」前身は「せとうち暮らし」

四国の高松の編集社「株式会社 瀬戸内人」が出版しています。
とても素敵な冊子です。

「せとうちスタイル」の創刊号は尾道/向島 でした。
「せとうち暮らしvol.20」(最終刊)には『文化船ひまわり』のことが特集されました。

お世話になっている林原玉枝さんのエッセイが載っています(創刊号)。

尾道へ来てから5年が経ちました。
すっかり瀬戸内の眺めに慣れ、心落ち着く風景となりました。

「せとうちスタイル」は999円。今はvol.6まで発刊されています。
バックナンバー全て買えそうです。

コンサートのプログラム

珍しく、1日2つ目のアップです。
(そんなのアリかい?)

エビやらイカやらに画像をくっつけるのもなんでしたので。

8月早々からこのプログラムにかかっておりました。
広島母体の、コジマ・ムジカ・コレギアの広島でのコンサートです。
若い演奏家を育て、オーケストラをバックのソロ演奏を経験させての晴れ舞台!
その一年に一度の広島でのコンサートです。

昨年はプログラムだけ制作しましたが、今回はチラシやチケットから関わりました。
デザインのイメージは、前からのものなので自分的ではないのですが。
今回、倍の4ページ広告があり、それはそれで大変でした。

   終わってみれば、あとは9月2日の当日を楽しみにするばかり。

(あ、、もっと早くアップすればよかったですかね、、、すみません)