版画の生徒さんの作品です

クアトラではがき版画の教室をやっています。
そういえば宣伝もしていませんね(笑)

月に2回、火曜日の午後1:30〜です。
終わった後は、お茶の時間です。クアトラは広いので、作業台でみんな離れてお茶を飲みます。
お茶の時には、私も参加、他の人の参加もあります。

そして、先日は素敵な版画の作品をフォーカスしました。

まあ、なんという!来年の寅年の年賀状ができています(お二人)

どれも可愛らしい〜

こ、これは何かというと、、、先日大至急で(ほぼ一日しか時間のない)チラシを頼まれて作りました(二種類)
で、しかも印刷(出力)仕上げまでやってしまいました(つい、、、100枚づつでしたので)
このゴミは、切った時のゴミです(笑)
時間がないのでやはり一ヶ所間違って、カットしながらそこを見つけてしまいました。で、また印刷とカッティング。枚数が多すぎて、計算していなかったイエローのインク切れ。(一色切れるとプリンターは止まります)最後はコンビニのコピー機に走る。

なかなか大変でしたが、無事に間に合いました。よかったです。
このゴミの山を見ると、自分が印刷業界が長かったのを思い出します。
印刷屋さんは、こんなことよくやるんですよ。自分で何枚もカットするのです。

今日の締めはなんかよくわかりませんが、版画の作品は素晴らしかったのです。

3月15日というと。。

普通は確定申告の締め切りです。でも今年も1ヶ月伸びていました。もちろん、コロナのせいでしょう。
密を避けるということでしょうか?何かと国民が大変なの時は、延期なのです。(多分)
思い起こせば、結婚してほぼ40年、確定申告を制作してきました。一年目だけ、市役所の税理士さんに聞いて、そのあとはなんとかやってきました。
ここ数年は、ホームページの「確定申告作成コーナー」とかで必要事項を入れて、計算などしてもらい、印刷して、ハンを押して提出です。
もちろん、必要事項は計算など済ませています。でも、少し楽になりました。清書がないので。
というわけで、3月15日の今日、無事に提出してきました。
自由業(フリーランスというわけです・笑)の我が家は、二人それぞれに提出です。
提出するだけの窓口が混んでいた試しはありません。今日もほぼほぼ、私一人〜二人でした。
混むのは、わからないところを聞く人の窓口なんです。
来年ぐらいは税務署の写真撮ろうかな。。。尾道の税務署は海辺のすぐ脇の建物で、隣が海上保安庁なので巡視船もよく通ります。
ちょっと味があります。

今年は税務署の写真はないので。。。旦那さんの展覧会のパンフをアップします。頂いたので。。

ロングランですが、隣の県の岡山です。おついでなどありましたら、お出かけください。
コロナが増えないといいです。

一難さって展示も終わり

岡山で8日から、高橋秀 監修 3人展(迫田岳臣:ガラス・高垣秀光:木版画・並木貴子:油絵)が無事に始まっています。
搬入と飾り付けは6日の土曜日でした。

前日の金曜の昼、台所で片付けをしていてごうごう(ボコボコ?)と流れる濁流のような音を聞きました。
豪雨??と思ってドアを開けても、小雨かほとんど降っていません。

なんだろう〜? 

と、思い外に出てみると、台所の下で水がごうごうと流れる音がします。

びっくりして旦那さんを呼びました。設備屋さんに来てもらい、台所の床の空気穴?みたいなところを外すと、地面から30cmぐらいまで、ごうごうと水がすごい勢いで流れています。コンクリートの隙間から、家の外にも流れています。
元栓を止めても流れています。水道局を呼んだり(一度はすぐ帰ってしまいました)、最終的には水道工事をしてもらった福山の業者さんを呼んで、メーターは動かないけれどどう見てもこれは水道だということになり、もう一度水道局を呼びました。その際、古い図面を持ってきてもらい、、、
水道局が道路にある大元の止水栓を止めたら、最終的に止まったのです。

結局、敷地内の東側の小さな家(昔は親戚が住んでいたそうです)に引いてあった水道管が地面に残っていて、そのどこかが破損した?らしいということがわかりました。その水道管は、どこかで蓋をして止めていて、でもなぜかまだ止水栓につながっていたのです。もちろん新しいメータにはつながっていません。山の地下水とか、井戸の水とか、色々疑惑もありましたが、水道局が水の試験をしたら、すぐにカルキの反応が出て、水道水だとわかりました。
その日は止水栓を止めて(つまり水道を止めて)、翌日の土曜日に朝からコンクリートを壊して止水線近くの管を探し、頑丈な栓をして止める工事が始まりました。
土曜日、実は少し変になっていた井戸も、地面で大漏れが判明。こちらも急きょ4カ所あった井戸の蛇口を止めて、ポンプから近くの一カ所だけに引き直しを。

ギリギリ、土曜日午前中に色々判明して、私たちは岡山の搬入へ11:00 ごろから出かけたのです。
工事は夕方まで続いたようです。

いやはや、ギリギリで災難を回避?して搬入に出られたわけです。後日の請求書が。。。(笑)
ドタバタの二日間でした。

古い家なので、これからも何があるかわからない、、、と少し思いました。コワイ〜

写真は、飾り付けも終わって、抽象作家の高橋 秀 氏と。高橋氏は2019年7月、日曜美術館でも特集された岡山の巨匠です。90歳にして、なおとてもチャーミングな方でした。

3月の始まりもマリパンで

これは、24日お味噌作りの後で尋ねたお宅でいただいた沈丁花の花。とっても上品な良い香りです。写真は25日ぐらいですが、どんどん咲いて、今もとてもきれいです。
タミパンで実は5回も焼きました。2回まではアップしたのですが。

これは3回目。混ぜ物が、、、干しぶどう、ベーコン、プロセスチーズ。薄力粉と強力粉を混ぜましたが、薄力粉が多かったです。
薄力粉が多いと、ケーキっぽい生地になります。
次の4回目、実はベーキングパウダーがきれていました。生地感悪し。。。1部ういろうのようになります(写真なし)
混ぜ物が、ハッサクの皮をグラニュー糖で熱したものを刻む、プロセスチーズとベーコンと、干しぶどう。

   なんのこっちゃ〜〜

でも、ハッサクを生産していたところに持っていったので、喜ばれました。香りがとても良かったです。

5回目。見栄えの悪い色〜中身は、よもぎの粉末と小豆の缶詰、きび砂糖〜
実は、美味しかったです。
私はよもぎの香りはわからなかったのですが、友人の数人はすぐにわかったそうです。すごいな〜〜

5回焼いて、、、それぞれ特徴があって素朴な感じですが、膨らし粉(ベーキングパウダーなど)がないとイマイチ生地感が悪いです。
卵を泡だてませんからね。。。

なんだかんだで、3月になりました。
早いな〜〜。

憧れの手作り味噌

密かに憧れていました。
手作りの味噌!尾道へ行ったら、味噌を作ってみたいと思っていました。
今回、たまたま前にお願いしていた知人の方に味噌作りに誘ってもらいました。
1.まずは、洗った大豆を水につけておきます。(私は1日半ほど、、、後で二日間でも良いと聞きました)

2.膨れます、膨れます、この後もっと大鍋に移し替えました。そして、大豆が柔らかくなるまで煮ます。私は、一時間半くらい。まだ少し硬いと言われました。
(ここから写真がありません。初体験で、余裕がありませんでした)
そして、煮上がった豆の水を切って、袋に入れて味噌作りのお宅に行きました。大豆を作られた農家さんで、何人かの人が二人づつ、順番に味噌作りに来ていました。煮汁も500ccぐらい持って行きました。保存容器も持って行きます。
3.麹と塩をよく揉んで、混ぜておきます。(材料は測っておきます)
4.今回は、大きな餅つき機で大豆を潰します。硬さを見て、硬いようなら大豆の煮汁を混ぜます。
5.大豆がよく潰れたら、3.の塩と麹を少しずつ餅つき機に入れ込みます。
6.よく混ざったら、餅つき機のスイッチを切って、両手で団子(大福3個ぐらい)みたいにして、保存容器に叩きつけて空気を抜きながら入れて行きます。
7.上をよく平らにします。最後に上に酒粕を薄く敷きます。

この酒粕が、数年前の酒粕だそうで、こんなにいい飴色になっています(味噌ではありません)。
そして、容器の周りをアルコールで拭いて、空気が入らないようにラップをします。

あとはなるべく暗くて涼しいところで半年の保管です〜〜

あ〜〜うまくいくかな。。。
とりあえず、8年目にして手作り味噌に初挑戦!してみました。

これが、『私の田舎暮らし』の象徴だったのです(笑)

書き初め展開催しました

2月13日(土)と14日(日)、クアトラで岬涯書院の尾道教室の書き初め展が開催されました。
毎年恒例で、開催していただいています。

玄関の顔的な大きな書は、主宰の山本岬涯先生の書です!

毎年の豊富や希望などを自由に書あり、絵ありで表現した色紙! 楽しい壁面になっています。

硬筆の作品!生徒さんの一生懸命な様子が伝わってきます。

一部、バッグも入っていますが、左側は毛筆の作品です。

毛筆の作品!全部写ったかな。。。?

毎年、新しい発想で、挑戦する子供たちの作品です。今年はマイバッグ(エコバッグ)に挑戦!可愛いですね。

こちらは、岬涯先生他、先生方の掛け軸です。高校生の方のもあるそうです。

二階のギャラリーの作品は岬涯先生の作品です。
一部のお写真を撮り忘れました〜こんなにも見応えのある、楽しい書き初め展です。

また来年も楽しみです。