夏休み

大人(初老の・笑)の夏休みって。。。
子供が帰ってくる時かな〜

先週の日曜日に、結婚した上の娘の初めての里帰り!

いつものように向島へ。

たちばなあたりのパン屋さん。

そのパン屋さんの奥の海!

そして、生口島へ! これは平山郁夫美術館。ここは写真可能なのです。

平山郁夫美術館のお庭は素敵です。そこに現れた怪獣〜みたいに見えるセミ!
アブラゼミでしょうか。

そしてこれは、、、夏にいつもやってくる
   「床の間のチャッピー」

   涼しいのかな〜? 同化してるのがいいのかな〜?

 ブログもすっかり夏休みしてしまいました。

どんな時でも!どんな時にも!

豪雨の後、久しぶりのブログです。

雨の降り出す前から、掃除をしていました。
   いつも綺麗に掃除をしていないので、、、

DSCF7175

(梅雨明け、絞りの座布団カバーとテーブルクロスを洗いました)

そして雨が降り出して、豪雨になり、数日で断水。
   母屋は数日で復旧(病院への特別ルートでしたので)。
梅雨も上がり、、、数ヶ月前からの予定通り15日(日曜)
   実は下の娘の結納が終わりました。(略式です)

DSCF7183

(あっという間に結納は終わり、楽しいお食事会!外には尾道水道と向島)

新しい人生を始める二人、何はなくとも心から祝ってあげたい。(たとえ断水でも、、)
   そしてどんな時にも二人で力を合わせて生きていってほしい。

今日のことは、私たちも生涯忘れないと思います。

そんなことを思う、貴重な時間でした。
   街はだんだん、断水も復旧しています!

そして、今週末は「クアトラな夏」。
   クアトラも18日に、断水が復旧しました!

どうぞよろしくお願いいたします。

   P.S.豪雨災害での被害を受けた方々には心からのお見舞いを申し上げます。

娘の門出!

3月10日、無事に娘の結婚式が終わりました!

1

万感の思いでヴァージンロードを歩いていく父と娘!

2

この二人の愛と幸福がいつまでも続きますように。

3

新郎新婦の周りは、新婦の今までの家族です!

4

そして、新郎の兄弟とその家族! どうぞよろしくお願いいたします! 大家族に包まれ幸せそう〜!

5

助け合い、寄り添った仲の良い姉妹! 母からもお礼を〜二人ともありがとう。

6

二人で「やさしさに包まれたなら」を歌っています。

7

娘の名前は一花(いつか)。
「Una flor」スペイン語で「1つの花」と言うタイトルの版画を引き出物として。
木版画家の父からの贈り物です。

8

これは妹が描いてくれたウェルカムボード!
実はサプライズの動画の重要なポイントピクチャーとなっていました!!!

9

私からの精一杯の贈り物!
メニューと席札です。こんな風に飾って置いてありました!

10

メニューの中を飾るのは、オリーブとカピバラのイラストです!
カピバラは私の大好きな動物、、、もはや妖精!?

浜松

父と娘の思いでのツーショット!1986年(多分2歳の頃)浜松の海岸にて。

暖かな暖かな結婚式でした。