クアトラな秋

10月の終わり、29日と30日に「クアトラな秋」を開催いたします。
昨日、DMを印刷屋さんに入稿しましたので、今週中には出来上がります。
今回は作家さん12名(私も入れて)、カフェもあります! ワークショップも楽しいです。

楽しい展示!美味しいケーキとお飲み物!それにめっちゃ楽しいワークショップ。
ワークショップのチラシは、また後日ゆっくり作ります。
モコモコ靴下の方は、着なくなったウール100%のセーターを10回ほど洗って、フェルト化します。それを型紙で切って、ミシンで縫って皮を底に当てるという靴下です。
実は、私が昨年冬に履いて、あまりにも暖かくて便利だったので、先生に頼み込んだワークショップです。着なくなったセータを変えて使う(リユーズ)SDGsなワークショップです。
型に切ったフェルトからの製作です。ミシンは持ち込んでもらいます!(縫えない方は、先生が縫ってくれるそうです)
福ろう(フクロウ)を作ろうも、BaLiさんの楽しさ満載のブローチです。福が来そうです!
どちらもオススメです。
ケーキも美味しいですし、展示も見応え十分!

宣伝しすぎ? いやいや、楽しい二日間になること間違いなしです!

どうぞよろしくお願いいたします。

夏の絞り

夏もそろそろ終わりでしょうか。
残暑は厳しいですね。
私は絞りの町で育ちました。
名古屋の有松というところです。東海道五十三次の絵に「鳴海 名物有松絞り」みたいな宿場町の絵もあります。

そこの夏は、絞り一色!
みんな絞り大好き!しかもちょっとよそ行き!(みたいな)
物干し竿には、絞りのワンピースが必ず干してあるような。
もちろん、浴衣は絞り!着物だって絞りが多い。
そんな町で育ちました。
中学校の夏休みの研究も「絞り染め」
大学時代のアルバイトも絞り屋さんで。
そして、就職だって絞り屋さんだったのです。
とっぷり浸かりました。
町には、絞り屋さんと絞りと関係している職人さんの家が、何件もあります。

私の子どもたちは知らない、絞りの座布団カバー。久しぶりに洗って被せました。
和室のない子どもたちは、座布団すら知らないかも。クッションの世代です。

当然ですが中に、座布団が入っています(笑)

夏の初め、藍染染色家の友人から絞りの日傘を買いました。奮発しました。
服はいらないけれど、日傘は欲しかったのです。
この夏、とっても便利でした。持ち手もしっくり、重くもなく、しっかり遮光してくれました。
もう実家はないけれど、たくさん友人がいる町です。
夏になると、懐かしくなります。。。有松という町。

装丁と挿絵の美術

尾道歴史博物館で今開催中です。

もともと銀行だった尾道歴史博物館。

入ってすぐのところに、かつて銀行だった時の金庫の扉があります。触らせてもらえます(博物館の方の指示で)
もちろん、金庫の中にはお金は入っていません。今は倉庫になっていました。

尾道ゆかりの文学作家・林芙美子の装丁本を中心に、横山美智子、行友李風(ゆきとも りふう)、麻生路郎(あそう じろう)、高垣眸(たかがき ひとみ)の装丁・挿絵を紹介しています。

林芙美子の児童文学もたくさんありました〜ちっとも読んでいませんでした。
いかんね。。。

日にちは戻りましたが、娘が出産する前、6月初めの最後のお出かけでした。
点数は少ないけれど、素晴らしい装丁で、見応えがありましたよ。

広島のお店から

先月広島へ行った時の「家具のなかみち」さんの店内です。
もちろん家具屋さんなので、飛騨高山や北海道やらの素敵な家具がいっぱいです。
それを引き立てるような、陶器や食器、絵や本などいろんな調度品も置いいてあります。

旦那さんのいとこが、長くそこで働いているので、広島へ行くと立ち寄ります。
旦那さんの版画も2階にいくと飾ってあります。
ここに写真はないのですが、上品なネギの束の絵付けがされた3段のお重、いやはやとっても良いのです。
まあ、高いし、3段もお料理詰められそうもないので、必要ないのですが。。。
いいな〜いいな〜と毎回思う私です。

夕方の光が、通りに面した飾りだなのガラスの食器を、キラキラと照らし出しています。

買わなくても、ゆっくり素敵な物たちに囲まれていられるのは、いいですね。
目と心が豊かになる、しばしの時間です。

「文化船ひまわり」ふね遺産へ認定されました!

7月5日、「文化船ひまわり」が昨年から申請していたふね遺産の認定を受けました!
おめでとう!おめでとう!
「ふね遺産」第35号(現存船14号)だそうです。
ふね遺産は、歴史的で学術的・技術的に価値のある船舟類及びその関連設備を社会に周知し、文化的遺産として次世代に伝える為に、日本海洋船舶工学会が行っている事業です。
尾道新聞、朝日新聞、中国新聞、毎日新聞、そして17日には、朝日新聞の「天声人語」にも取り上げてもらいました。
瀬戸田に行ったらぜひB&G海洋センターに保存してある「文化船ひまわり」を見てください。
広島と尾道と日本の大切な遺産になった「文化船ひまわり」がどうなっていくのかわかりませんが、末長くみんなで見守ってあげたいと思います。

保存活動の一環で描かせてもらった、ポストカードです。

今日のサンヤツ

今日のいいこと!嬉しいこと!

我が家は朝日新聞です。
1面の左下『今日のサンヤツ』にてらいんくさんの広告が出ていました。
それで、ネットの『今日のサンヤツ』を検索して、そこをクリックすると。。。

と、詳細が出てきます!
そうそう、私が表紙を描かせていただきました!
二冊とも竹長吉正 氏の書かれた評論です。
初めて描かせてもらった表紙です。(ほぼ二冊同時に描かせてもらいました)

サンヤツ広告って、こういう意味だそうです。

昔と違って、なかなか本も売れにくい時代、サンヤツ広告で売り上げアップしてくれるといいです。

ご報告二つ「文化船ひまわり」とお猿さん

一つは、私も保存活動に参加している「文化船ひまわり」の取り壊しがなくなったことです。
今、ふね遺産への登録も申請中です。とっても嬉しかったです。何はともあれ、大転換の吉報です。

文化船ひまわりB.Bプロジェクトが2019年の11月に制作したリーフレットです。

そして、千光寺の猿山の最後のお猿さんがなくなりました。

2019年の写真です。

2018年、満開の桜の頃です。この塔がお猿さんのお家でした。
お猿さん〜今年も桜は満開ですよ。空の上の本当のお山で、仲間たちと楽しく暮らしてくださいね。今までありがとう。

しめ縄

今日はしめ縄も作りました。
明日は「文化船ひまわり」の年末の大掃除の日です。
Facebookなどで募集もしたのですが、今年は急速なコロナ感染者の増加で、人数が縮小になりました。
毎年10人以上の人が集うのですが。。。
今年は4人に。しかもこんな時に、腰を痛めております。
でも、しめ縄くらいは頑張りました。来年早々、ふね遺産に応募するのです。心を込めて、私なりに立派にしました。

こんな素晴らしい平和の遺産なのです。
ひょっとして、初めてのアップでしょうか?

リーフレットも昨年秋、みんなの力の結晶で制作しました。

明日は、グループ展のアップをします。

勤労感謝の日は、、、

尾道駅の二階、こんな本のコーナに、こんな企画が開催中です(今月末まで)。
昨年は、たくさんのイベントや本屋さんも出ていたそうですが、今年はこれのみだと思います。
「旅に持って行きたい本」尾道のたくさんの方たちのおすすめの本が展示されています。
それがとっても、楽しい。
もちろん、手にとって見ることができます。

普段も本のコーナーがあります。
それだけでも十分楽しいのですが。
来年2月末までには、テンポが撤退する中、どうなってしまうのか。。。

実は、一時間以上座って読んでいました。
楽しいですね。その間、地元の家族や旅の人やカップルなど10人以上の人々が立ち寄りました。

私より前に来ていた青年も、ほとんど同じくらいこのコーナーにいました。
広島から来たそうです。このために、来てくれたそうです。
昨年もきて楽しかったそうです。
このコーナーは、文化の街、尾道の顔として、十分に存在感を示しています。
この素晴らしいコーナーをぜひ残して欲しいと思います。

さて、お昼ご飯は適当に車で食べて、因島へ向かいます。

アイホンにナビ機能があるので、今や怖くはない〜因島。
初めて一人でしまなみ海道を渡って、瀬戸田(生口島)へ行った時、間違って因島で下りてしまって島を半周回りました。あの時は、どうなるかと思いました。どこかの公園に怪獣がいたかな???

この日も、秋晴れ!因島の風景ものどかで可愛いです。
「しまなみジュニアオーケストラ第4回定期演奏会」を聴きに行きました。
可愛く、楽しく、素晴らしい演奏を聴きました。知っている子供たちも大きくなってくるのですね。
帰り、満足して駐車場へ行くと。。。

   恐ろしいことに、愛車のパオくんのエンジンがウンともスンとも言いません。
   あ〜〜、ライトがついていた。 バッテリーが上がってしまった。。。

結局、すぐ近くのガソリンスタンドのおじさんに来てもらって、バッテリーに充電してもらいました。
なんともま〜お騒がせ。。。しました。
ドキドキです、数年に一回やってしまうのです。旦那さんも私も。
因島の帰り道、長〜いトンネルを通り、これからは気をつけよう!と誓うのです。
(ガソリンスタンドの人には「懐かしいな〜」なんて言われました・車が古くて)

そういえば、演奏会の入り口で、パンジーの苗をいただきました。
国際ソロプチミスト因島 という、職業を持つ女性の奉仕の会からです。
ありがとうございました。

いろいろあった一日でした。
勤労感謝の日、皆様お疲れ様でした。
そういえば、上の娘の入籍した日だったな〜と今思い出しました。

巷は、秋!

写真は、モミジバフウ。可愛い実がなっているのが見えますか?
クリスマスのリースにもたくさん使われます。
多分外来種。フウは楓という字を書くようです。
カエデと同じです。音読みと訓読みで種類が違うとは、、、

これは、金曜日に偶然通った、「福山市中央図書館 まなびの館ローズコム」を配置する素敵な公園で撮った写真です。
「カフェでもあればいいのにね」と言ったら、現在「カフェ?レストラン」が工事中でした。
素敵なところですね。のどかで、広々としていて、心が落ち着く感じです。図書館も広々として重厚、時間を忘れます。

そういえば、ちょっと前に、三原の図書館も最近新しく駅の近くにオープンしたということで、チラ見してきました。こちらは駅のすぐ近く、スーパーとホテルも近くにあり、都市型ですね。コンパクトな機能的な感じの建物。

福山の方は図書館の公園の周りに、とっても美味しそうなお店がずらり。
イタリアン、フレンチ、タイ料理、バイキング形式などなど。
食いしん坊の私には、こちらを網羅してみたい!

文化の秋、芸術の秋、食欲の秋です。