大和っ子ーココ

2020年、1月1日の朝のココです。
ご機嫌で(?)お家の周りをパトロールしています。

やはり、1月1日の朝。猫じゃらしの先にニャンコ飯が置いてあります。
もちろん、ココの仕業です。
なんで二本も? 時間差?同時? 夜中のうちに、遊んでからご飯を食べる。。。と思われます。

ココは、私たちが神奈川県大和市に住んでいた時、隣の家の庭で生まれました。
3人(匹)兄妹の末っ子。お兄ちゃんが2人(匹)いました。
「好きな子でいいから、一匹飼ってね」と言われ、我が家はココを選びました。お兄ちゃん2人は、隣の家が飼ってくれてました。

写真は三頭身の頃です。もらった時は目も開いていなくて、開こうとする目も感染症で涙と目やにでくっついていました。
獣医さんに通って目薬をもらい、食事を口から注射器で入れて、なかなか大変でした。

涙は出るけれど、なんとか目も開いて、ご飯も食べすくすく大きくなりました。
我が家にとって初めて家飼いの猫だったので、外に行けない分、たくさんココと遊びました。
特に長く、寝る前に布団をひきながら遊ぶので、終わって私が寝てしまうと、ココはひとしきり文句を言って(まだ遊びたいらしく)、リビングで一人で猫じゃらしで遊んでいました。
朝起きると、どこかに猫じゃらしが突っ込んで、挿さっているんです。笑えますよ〜

そしてココが7歳の頃、私たち夫婦とココは、尾道へやってきました。
今年が尾道へ来てから8年目。ココは大和市にいた頃よりも長くなります。
ココ、今年で15歳。まだまだ元気、まだまだ遊び好き、時々怒りんぼさんです。
ココが怒りんぼさんになったのは、チャッピーが来たからです。

チャッピーの話はまた次に。。。

猫ブログ

10年くらい前、尾道へ来る前から3人の猫ブログを見ています。
自分は猫を飼っていて猫好きだけれど、総じて動物好きで、猫ブログとしては書いていません。その代わりに、人の猫ブログを見て、笑って癒されています。

その、一番古い友人の、猫ブログの主人公の猫が今、最後の日々を過ごしています。
17歳で腎臓が悪いその子は、お医者さんにはもう限界と言われました。
そして、一度はブログを終わらせた友人ですが、6日経った今日、またブログが更新されていました。

粘っているのです。友人の足を枕にして、最後の時を過ごしています。
目は少し虚ろですが、今までのようにカメラ目線でこちらを見ています。
ずっと、お母さんと一緒にブログを盛り立ててきたその彼は(雄猫です)最後のお仕事をやり遂げようとしています。
友人も、何日もずっと泣いていたそうですが、もう泣くのをやめたそうです。

クッキーちゃん(猫のお名前)の命の努力に励まされて、最後まで楽しかったブログを続けています。クッキーちゃん、本当にえらかったね。頑張ってね。お母さんの涙を止めて、本当に偉いなぁ 。頑張って、少しでも長くお母さんのそばにいてあげてね。
みんなだって忘れないからね。ありがとう。私からもありがとう。

お散歩ねこクッキー3

関西弁で、公園をお散歩する楽しい猫ちゃんのブログ!

   次のブログは、我が家の楽しい猫の話題にしますね。

花と猫

10月の初めに向島を回りました。
友人のところで、とっても綺麗な庭を見て、「ホテイアオイ」の美しい花も見ました。
旦那は、はたと、考えました。羨ましくて。。

   我が家の前の庭を全部『うがして』綺麗な庭を作りたい!

だそうです。うがすって、庭を掘り返すみたいな、、、広島弁です。

我が家の庭は、和風です。旦那の両親のお庭のままです。
細い道を挟んで、また庭?(空き地)があります。
そこを、綺麗にしたいらしいです。
目下、色々掘り起こしています。

和風な庭には、チャッピーが同化!

ボク〜ここにいます。

夏痩せ

台風10号、五島列島や沖縄やら九州を直撃して行ってしまいました。
被害のあった地方には心からお見舞い申し上げます。
尾道あたりは大したこともなく、みんな「雨がもっと降るかと思った。。」と少しがっかりしていたり。
でも被害がないことは本当に良かったです。
台風より少し前に、下の娘夫婦は淡路島にいたりして。
なんと、玉ねぎを送ってくれました。

ピカピカのデカデカ、まるまるです。
我が家の軒下には、チビチビのヨレヨレの玉ねぎが吊るしてあります(笑)
都会の子が、田舎に玉ねぎを送ってくるとは、、、野菜に飢えているんだね。
   ありがとう〜
淡路島の名産だそうです。

玉ねぎの箱に入っているココが、夏痩せなのです。
ココは昨年から、夏の猛暑に負けそうになります。
台風が、夏を連れて行ってくれました。
朝晩少し涼しいです。
ココの食欲が戻るといいな〜

ココ:2.7kg   チャッピー:7.8kg

今年、チャッピーは猛暑の中、比較的元気でした!

動物病院のくまちゃん先生

今日の午前中、ココを連れてかかりつけの動物病院へ行きました。
   近所の「くまさん動物病院」です。
ココは右目の治療で昨年の11月から頻繁に通っています。

午前中に行くのは、久しぶりです。
   今日は空いていました。(狙いどうり!雨の日はワンちゃんは来ないのです)

このくまさん動物病院(通称:くまちゃん)はとっても混んでいるのです。
人気の秘密は、くまちゃん先生が丁寧なこと、、と人懐っこい感じがするのです。

   と長く思い込んでいましたが、、、ひょっとしたら名医かもしれない。。と最近思い始めました。

ココの順番を待っていると、何人かの親みたいな飼い主さんと話します。
そうしていると、例えば、他の動物病院2件に見放されて最後に此処へ来て、今は先生がアレヤコレヤと治療をしてくれるそうです。
   と本当に、嬉しそうで、ありがたそうに話されている人にも会いました。
      単に、お金儲けではない、、と思います。

考えてみれば、避妊去勢から外科から内科、目や耳など耳鼻科から皮膚科とか全てを見てくれるわけです。
   すごいな〜と思います。

ココの右目に関していえば、ヴィールス性のヘルペス菌が目の持病でした。
少し悪くなっていて、白い膜の上に黒点が出ていました。
   「黒点が取れて、痛がることもあるかもしれないです。。」と
兼ねてから、釘を刺されていました。
実は、まさ〜か、と希望的に考え、半分信じていませんでした。

10月末に突然ココの目が開かないくらい、ドロドロして、何かでくっついていたのです。

それは違う緑内障の菌が併発して、溶解性の角膜炎になって角膜が溶け出したのです。
   (と、くまちゃんはすぐに見立てました)
それに合わせて手元になかった薬をすぐに取り寄せてくれて、点眼ですが治療を始めました。

ココが食欲がないときは、痛みがあるということ、食欲があるでしょ、痛みがとれたようですね。
   そんなことが、くまちゃんにはわかるのです。

   「ひょっとしたら、黒点が溶け出した角膜のドロドロで流れるかもしれないですね」
と、クマちゃんがちょっとイタズラっぽく笑って言いました。
そのうちに、溶解性の角膜炎が治り、進んでいた白い膜の上の黒点が幸運にも一緒に流れて取れたのです。

12月末ごろでしょうか。。。

元旦、右の目に白い膜がいっぱいかかっています。

   そして「これはラッキーにも黒い点が流れましたね。それに溶解性の角膜炎も良くなっています。」

1月にはかなりよくなりました。

1月16日ぐらい。

ひどい時には、週に二回も通っていました。
その頃、毎日のように出会っていた、小さなワンちゃんの飼い主さんにはもう会いません。
   小さな動物の生命力はわからないのです。

ココは幸いにも、右目の失明を免れました。

今日、くまちゃんにやっと、溶解性の角膜炎の抗生剤(目薬)はもう終わっていいと言われました。

   「これは、学会に出してもよかったぐらいの、幸運な珍しい事例ですね」(くまちゃん)
   「先生、写真撮ればよかったですね!」(私)
   「まあ、今となってはね、、ヘッヘッヘ」(と くまちゃん、嬉しそうに笑う)

偶然ですが、この看板のくまのイラスト、遠い昔まだ旦那さんの父親が看板屋さんをしていた頃に旦那が書いたのです(私じゃないのです・笑)

   くまちゃん、ココの右目 ありがとうございます。

今年の猫展

今年の猫展もそろそろ半ばになりました。

世の中はコロナウィルスで大変大騒ぎですが、猫展の中は静かで、いつもと変わらぬ楽しい雰囲気です。
マスクをかけたり外したり、、、はありますが。。。
広島県にまだ一人も出ていないのは幸いです。

作家さんの作品、まだ何人か足りないです。。。
今回事情により2名がお休みだそうで、参加は23人の作家さんとなりました。

私は1週間に一度は在廊をしています。
今回は、今まで以上に知らない作家さんとたくさんお話ししました。
陶器や木彫、刺繍や材料のことを教えてもらったり、疑問を訊ねたり〜!
   そういうのも、楽しいですね。

さて、先日スピード違反で罰金を取られましたので、福山までの行き帰り、な〜んとなく電車に乗ります。
電車の行き来は少し緊張しますね、、、(と言いつつ、すぐに寝落ちしております)
   コロナウィルスが世界中で少しでも早く終息しますように〜

猫展の作品

猫展はおかげさまで連日人気のようです。
   ありがとうございます。
初日の22日から1週間経ちました。
デザインのお仕事も落ち着いたので、数日頑張りました〜(まあ少しですが)

「ココ」の木版追加を作りました!
と言っても、、、刷ったのは木版画家の主人です(笑)
私は、目を塗ってお花の色を差し、エディションとサインを書き、最後に額に入れました。

ミニキャンバス!2点描きました〜
左の「ポロん」は私の名刺にも使っている絵ですが、5cm角の正方形のミニキャンバスに描きました〜小さいでしょ。
右のは「黄色い花」というタイトルです。

それから、昨年の今頃刷った銅版も持っていきました。
「天使に出会った」このイラストは、とても気に入っているので銅版にして見たかったのです。

木版はこうなります!

我が家のチャッピーです。(ポリポリ散らかしまくっています〜)

   みなさん〜猫展よろしくね。

ちなみに、エディションというのは、版画で作家が何点刷るかを決めてその何番めかを書いたものです。
・・・・6/30(30枚する版画の6番目です)・・・という感じです。

あっ、そして今気がつきました〜
   もう、3月です。。。

おめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
昨年もまばらなブログとなりました。
   アップしそびれた写真も一杯です〜〜

年初めは「今年はもっとアップするぞ〜〜」と勢い込むのですが。。

4日に初詣に行きました。
   長江のロープーウェイ下の艮神社です。
推定約樹齢1000年近いのでは、、、と言われている楠です。

尾道は場所が狭いので、大きな楠も少し狭そうですね。奥にも大きな楠があります。

  
こちらは、お節料理。大晦日に懸命に作ります。
詰める頃には疲れ切って、、、というか毎年こんな感じに地味なのです(笑)
お味は、案外いけますよ!
かまぼことハム以外は作っていますが、、、このハムがいけないですね。
  エビかブリでも焼けばよかったのですが、、限界でした〜〜
なますは7色なますで7種類入っています! 主人の母の直伝です。

私の母方の祖母が使っていたと思われるお重です。
陶器なのとクラシカルな感じが気に入っています。
夫婦二人にはちょうど良い大きさですね。

今年は少しおとなしめのココです。10月から右目の治療(点眼だけですが)をしていて、まあまあ良くなってきました。

クリスマスにいただいた帽子をかぶっている(ただ置いただけですが)チャッピー!
   イカしてますかね(笑)

今年もきっとのんびりといきそうです・・・

   皆様にとって良い一年となりますように。
      今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

因島白滝山巡り

まずは白滝山荘!宿泊ができて、食事もできます。
旦那さんと友人と昼食をいただきました。

建築家ヴォーリズ氏が昭和6年に米人宣教師ファーナム氏のために建てた洋館です。
文化庁の有形文化財、広島県近代化遺産になっているそうです。

戦後、日立造船のゲストハウスなどを経たあとは荒れ放題になっていましたが、現在のオーナーさんに再生されたそうです。チューダー・スタイルという木造一部3階建てです。

たくさんの猫ちゃんを外で飼っていています。
これは内ドアのリースを外側から撮ったのですが、私の後ろからぶち猫ちゃんが見ています。
 「入りたいな〜〜」と中を見ているところでしょうか。。

このキジトラさんは、まさに私より先にドアが開いたら中に入ろうとして待っているところです。
猫はよく、やるんです。人より先に入ろうとしたり、出ようとしたり。。
この子は入ったのですが、山荘の方に抱っこされて、外に出されました(笑)

車で駐車場まで数分、その後8分くらい山を登ると「五百羅漢」のある白滝山頂上につきます。
登る道は、とてもよく整備されていますが、とっても急な傾斜です。
急なところには、手すりも付いています。

真ん中にある岩が、ゴリラ岩です。

桜の木の向こうは、三原方面でしょうか。。?

多分ですが、向島や鞆の浦の方向だと思います。

良いお天気に恵まれた、初めての因島探索! とっても良かったです。

P.S.白滝山の五百羅漢のところはパワースポットだそうです。

チャッピーの研究

今年の夏〜新しく始まったチャッピーの研究!

   アリンコの研究です。

夏風邪をひいて、続いて暑さに負けたチャッピー。
水を撒いた冷えたコンクリートで、ゴロゴロ!
じぃっとしていると、なにやら地面を動くものが。。。
小さい黒いものが、、アリンコです。
チャッピーの好きな場所が、アリンコの通り道だったのです。

「なんじゃ〜こいつ!」とじ〜っと見ていましたが
ちょっと食ってみようか!  と食べて見ました。
なんかわからないけど、、食える!

食っても食っても、後から後から出てくる!

という感じで、この夏アリンコをじっ〜と眺めて、そして食べ出すチャッピーがいます。

猫がアリを食べるなんて、聞いたこともないけれど、、、
   何事も挑戦するチャッピー!

小さい頃は、「アブの研究」をしていました。

花にくるアブをじ〜〜っと眺めていました。
たまには、手を出すのですがほとんどじっと見ていました。

今年は、ゴロゴロしていたついでに思いついた「アリンコの研究!」
笑えるアリクイのようなチャッピーの写真はまだ撮れていません。

真剣そのもののチャッピーにちょっと悪いような気もして(笑)
   今度、うまく写真が撮れたら、アップします。

お母さん〜なんか恥ずかしいな〜(すでに恥ずかしい〜)

今年も愉快なチャッピーです。